練炭自殺で死んだ自殺現場にあった自動車
練炭自殺で死んだ自殺現場の練炭の写真


練炭自殺で死にたい人へ贈る、様々な練炭自殺にまつわる知識

 サラリーマンが練炭自殺で、自家用車の中で練炭を焚いて死ぬことがよくある。会社の倒産が原因だったり、リストラが原因だったり、外資系の高給取りのサラリーマンであっても、いざ転落するとなれば、すぐさま、練炭を焚いて一酸化炭素中毒死してしまうのが、現代だ。

 小さな企業のサラリーマン(会社員)が失業した結果、三日後の練炭自殺で死のうと思った事例とか、中小企業だけでなく、大企業のエリートサラリーマン、エリート会社員であっても、失業・失職した挙句、練炭自殺を遂げて死ぬ人がけっこういる。意外と打たれ弱いらしい。

 また、会社の経営陣、社長、部長や課長等が練炭自殺で死んでしまうこともある。経営陣の場合には、課長クラスまで含めて、経営の舵取りに失敗して、練炭自殺で死ぬ方法を検索することがある。気持ちが弱くなっている証拠だ。

 また、今まで部下だったサラリーマンを首切りせねばならない非常な通達の場合であっても、そうだ。首切り面談に遭い、クビになったので、その日の内に、ショックから、浴室内で練炭を焚いて死んでしまった平社員もいる。心の優しい経営陣には、そのような、失業したサラリーマンが絶望して死んでいくことに大変な酷いショックを受けて、自身も風呂場を密閉して練炭自殺して死のうとする者が後を絶たない。その場合、公園のトイレの中で練炭を焚いて死のうとした部長もいた。しかし、大抵のトイレというのは、上下に隙間風が入る隙間があるので、密閉状態でなければ意味が無い練炭自殺は、不可能であったので、結局練炭自殺未遂で終了したというオチであった。

 まあ、あとは、サラリーマンであっても、サラ金とかクレジットカードのリボ払いの借金の支払いが追い付かないのが原因で、失業した途端、元サラリーマンが、支払いに窮して練炭自殺してしまうケースもあった。勿論、社長が練炭自殺で死ぬことも多々ある。社長の場合には、自分の会社が倒産したならば、中小企業の場合、自分の借金になる可能性が高いので、そういった意味でも、辛いな。

 会社を倒産させた責任を感じて、中小企業の社長や副社長が練炭自殺で死ぬケースもある。まあ、大抵の経営陣の自殺のケースは、保険金が出る可能性がある飛び降り自殺とか、飛び込み自殺なのであるが。それらの場合だと、事故死と判定される可能性があるからな。しかし、練炭自殺の場合、思いっきり自殺の為の道具を密閉した空間の中で焚く訳なので、どうみても、事故死とは判定されることはない。どっからどう見ても、練炭自殺であることは明白な事実だ。

 銀行が金を貸してくれないので倒産した中小企業の会社の社長は沢山全国にいる。まあ、大抵の会社の社長は、逞しく、第二の人生を歩んでいるものだが、中には、やはり練炭自殺で簡単に死んでしまう事例もある。所謂、銀行の貸し渋りというやつだ。でも、経営者や経営陣も、経済は生き物なのだから、倒産することもある、ということを念頭において、逞しく生きて欲しい。

 お金が借りられなかったので練炭自殺をした企業経営者の社長がこの前テレビに出ていた。斜陽産業・斜陽企業の企業の経営陣やサラリーマンは辛いであろう。この先、良くなる見込みはないのだから。倒産寸前の会社の社長は辛いであろう。故に、練炭自殺をしたくなる思いも理解できる。人間、順風満帆の頃はウキウキな気持ちになるけれど、死にたい時は本当に今すぐに死にたいと思ってしまうからな。

 勤め先が倒産して路頭に迷ったサラリーマン

 会社に捨てられたサラリーマンが、夜の公園の駐車場に停めた自動車の中で練炭自殺で死ぬことがあるとさ。雇われ社長とかも頻繁にあるらしい。居酒屋の従業員、正社員程度でさえ、練炭自殺で死のうとする世の中なのだものな。頭がおかしくなっている。辞めればいいだけの話なのにな。月給たかが18万円程度の手取りの仕事が辛い・しんどいからって、何も練炭自殺などする必要はないのに。辞めりゃあいいんだよ、辞職しろよって話だよ、まったく。

 外資系のサラリーマンは受け取る給与が比較的高いので、失職、つまりクビになった時のショックも大きいらしい。まあ、絶望した外資系のサラリーマンの自殺確率、それも練炭自殺で死ぬ確率はけっこう高いらしい。

 会社のお局様が婚期を逃して結婚できないことに絶望して練炭自殺してしまう事例も存在する。また、財産を全部盗られて、もう何もなくなったので絶望して練炭自殺してしまう事例もあった。

 財産を振り込め詐欺で全部盗まれて絶望した老人が、その日の内に自宅の風呂場を密閉して練炭自殺した自殺事件もあった。その場合、そいつが相手を自殺に追いやった、ということだ。

 つまりね、高齢者、老人が、今話題の、振り込め詐欺(オレオレ詐欺)で金を騙し取られて絶望した結果、練炭を自宅にあった七輪で焚いて、一酸化炭素中毒で練炭自殺を遂げて死んだ、という悲しい事件であった。読売新聞に掲載されていたよ。

 そういう、高齢者が絶望して練炭自殺で死ぬ事例は他にもまだある。

 高齢者と言えば、自力で満足に働けなくなった状態の身体の人が大半なので、若い頃や中年の頃みたいに、フルタイムで働くことは不可能となっている。なので、どうしても金銭的に苦しくなる場合がある。生活苦から万引きや犯罪に走ったりして、自動的に練炭自殺コースに移動する、ということだ。悲しいことだ。

 また、老人でなくとも、婚期を逃して結婚できない女が絶望して自ら死のうとして、練炭自殺に手を伸ばすケースも多々ある。これからも独り身ならば、いっそのこと一酸化炭素中毒死で楽になりたい、と思うらしい。

 若者であっても、ホームレスになって路頭に迷うことになった少女・少年・青年が練炭自殺で次々に死んでいく。冬の屋外は寒いからな。テントの中で七輪で秋刀魚を焼きながら、いつの間にか一酸化炭素中毒死で練炭自殺していた、というケースも、稀だが有る。

 家無し、家を失って住む場所を失ったとか、家出して行く当てもないからとか、家出少女や家出少年が行く当てもないからとか、家出してホームレスになって生きていけないので練炭自殺で死にました、とか、そういう遺書も、自殺サイトの掲示板に画像がアップされていたのだった。

 結婚できないので練炭自殺で死にたい気持ち、結婚できない男が、この先の自分の人生に絶望して死にたくなる気持ち、分かるよ。結婚できない中年の男や中年の女には、希望がないからなぁ。老人まで老化してしまえば、もう吹っ切れるかもしれないし、ボケて、もう未婚なことなど、気にもしなくなるかもしれないしな。けど、中途半端な年齢が一番悲しいよな。

 借金で路頭に迷うにも辛いよな。全財産を失って絶望した、希望が無くなったというのも、とても辛い出来事だ。この世は金が全てだと信じている者が、もしもすっからかんになったとしたら、それはもう、希望も何もあったものではない。

 希望が無いので、絶望しかないので練炭自殺で死にますと宣言して、遺書も残さずにひっそりと単独で練炭自殺するとさ。でも、その場合、誰も発見してくれないので、腐乱死体となってしまうかもしれない。未来の希望が無いから、別に腐乱死体になっても構わないのか。夢が無いとか、夢が破れて絶望したからとか、夢が叶わなかったからとか、詐欺師に騙されて全財産を盗られたからとかの理由で練炭自殺で死んでいく人は、全練炭自殺者の内の三割を占めるらしい。

 闇金の借金が原因で練炭自殺で亡くなる人も大勢いる。過酷な闇金業者・金融業者の借金の取り立てのせいで、精神が追い詰められて、結果的に人生が追い詰められて、絶望して、自宅の風呂場で練炭を焚いて自殺してしまうのだ。練炭自殺は場所が限られているので、車がない人は、どうしても自宅の風呂場が適所となる。密閉しなければならないので、どうしても寝室等は広すぎて、練炭自殺には適さないからな。

 また、ニートや引きこもりが人生に行き詰って、絶望して、生きていられなくなり、人生が詰んだので、自宅の部屋の中で練炭自殺で死亡する事件も多々ある。親が死んだニートや引きこもりは、自分で稼ぐ手立てがないので、絶望して、2ちゃんねるなんかに[人生オワタ!]なんて気楽に明るい雰囲気で書き込んだ後に、練炭自殺で死んでしまうのだ。彼らは自分の命の価値を、とても低く見積もっているので、命を捨て去る決断も、早いのだ。価値の安い物品を捨て去る決意は簡単に出来るからな。

 まあ、親、つまり保護者が死んだニートや引きこもりというのは、途端に現実に直面させられるからな。住民税の支払い、固定資産税の支払い、食糧の買い出し、トイレットペーパー等の必要物品の買い物、とか、色々あるよな。それらを、中卒ニートが一人で対応できるかと言えば、多分、出来ないであろう。

 練炭自殺を予定しているニートや引きこもりが、2ちゃんねるとかのスレッドに書き込むこともしばしばある。それらを見た他者が、警察に通報することもよくある。

 具体的には、10代前半の引きこもりやニート、10代半ばの引きこもりやニート、10代後半の引きこもりやニートといった10代のニートや引きこもり、そして20代前半の引きこもりやニート、20代半ばの引きこもりやニート、20代後半の引きこもりやニートといった、20代のニートや引きこもり、そして30代のニートや引きこもり、具体的には30代前半のニートや引きこもり、30代半ばのニートや引きこもり、30代後半のニートや引きこもりであるが、彼ら彼女らが頻繁に練炭自殺をしでかす世代の代表格である。若いので人生経験がまだそんなに無いし、しかもずっと引きこもりっ放しだとしたら、余計に人生経験がないので、簡単に練炭自殺で死のうとしてしまうのだ。彼らの命の価値は思った以上に軽いのだ。

 また、40代のニートや引きこもり、つまり40代前半のニートや引きこもり、そして40代半ばのニートや引きこもり、そして40代後半のニートや引きこもり、また、50代のニートや引きこもり、つまり50代前半のニートや引きこもり、50代半ばのニートや引きこもり、50代後半のニートや引きこもり、そして60代のニートや引きこもり、つまり60代前半のニートや引きこもり、60代半ばのニートや引きこもり、60代後半のニートや引きこもり、そして70代のニートや引きこもりも、30代までのニートや引きこもりに比べれば、少数派ではあるものの、練炭自殺で死ぬ確率は依然として高い。

 つまり、人生を終える為に、ニートや引きこもりといった連中は、自身の負け犬人生に終止符を打つ為に、負け犬で負けてばかりの自分がもう死にたいので、練炭を焚いて一酸化炭素中毒で死にたいと思うのだ。

 まあ、引きこもり歴の長いニートや引きこもりに関しては、当然、高齢の引きこもりに到達してしまっている訳であり、自殺を考えているニートや引きこもりも多数いるであろう。いつまでも親が健全な訳ではないのだから。社会不安障害のニートや引きこもりも多数いるらしいが、彼らは統計には中々現れない。役所の調査といった外部には表れないからだ。

 まあ、とにかく、練炭自殺なんかで死ぬな、一酸化炭素中毒死なんかで人生の幕を閉じるな、ということだ。

 死にたい人は、霊的知識を知ってくれ☆